• 都会に移住するときって「支援制度」なんてものはないです。なのに、田舎暮らしをするのには「支援制度」があるのかと思うでしょう。
    それは簡単な話で、人が集まるようにする為です。住みやすい場所なら、田舎でもいいかなと思ってくれる人がいたとしても住居などの面に不安を感じます。そんな不安を解消するために、自治体ごとによって違いはあるんですが、住居の支援制度や農地を無償提供するなど、生活基盤を作るための支援制度がたくさんあるです。

    支援制度も条件付きなんて事もあったりします。決まった年数は住んでほしい。仕事は農業をやってほしいなど。その場所に合った条件ついていたりもします。
    自分が住んでみたいと思っている田舎の支援制度はどんな内容か一度確認してみるといいと思います。
    市町村単位の制度と県や国ベースなどの制度もあるようです。市町村単位は、制限となる条件は少ないと思いますが、それよりも県や国などの制度は下調べは必要だと思います。

    生活基盤となる住居と仕事の支援制度を行っている自治体の方が、移住率は高いと思います。でも、支援制度はあくまでも「活用」するものだと思っていた方がいいと思います。
    自治体がやっているから「頼る」気持ちでいくと生活が大変になってしまうかもしれないですからね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です